コラム

生活習慣病の予防に重要な食事について

生活習慣病の予防には、食事の見直しが特に大切です。

食事イメージ

生活習慣病予防にはいろいろな方法がありますが、そのなかでも特に重要なのは食事を見直すことです。

食生活の乱れはそのまま健康の乱れに直結することを覚えておきましょう。たとえば、暴飲暴食を繰り返していると、それだけで胃腸や肝臓などは衰えていきます。内臓が衰えることで肌をはじめとして、さまざまな箇所に悪影響が生じます。

できるだけ規則正しいタイミングで食べることを心がけてください。

規則正しい食事さえ出来ていれば、どんなものを食べてもいいの?

野菜イメージ

タイミングが良ければ、何を食べても良いというわけでもありません。

具体的には肉類ばかり食べていると、カロリーが過多になってしまい、メタボなどの生活習慣病につながってしまいます。食物繊維が多くふくまれた野菜をメニューの中心にすることが望ましいです。

一口に野菜といっていも、種類によって含まれている栄養素は異なります。できるだけバランスよく栄養を摂取することも重要なポイントになります。

日々忙しくて、バランスの良い食事を3食摂るのは難しいですが…

食事イメージ

もちろん忙しい現代社会において、3食すべてをそのようなメニューにするのは困難です。特に昼食に関しては、働いている場合は外食になるケースも多いでしょう。

そのような場合は朝食と夕食でカバーすることを考えましょう。昼食が肉類中心であれば、夕食は野菜だけにするなどの方法があります。

 

また、サプリを使用することも効果的な方法の一つです。不足しがちな栄養素を摂取できるように、さまざまなサプリが発売されています。自分に不足しがちな栄養素を確認して、それに合ったものを購入するようにしましょう。亜鉛などは食事で十分に摂取するのが難しいので気を付けましょう。

痩せたいけど、食事を抜く・制限するダイエットは正しいの?

ダイエットをしたいからといって、食事を抜くのは良くありません。必要な栄養が不足してしまい、それが生活習慣病の引き金になることもあるからです。

完全に断食するのではなく、1食を野菜ジュースや野菜スープなどに置き換えると良いでしょう。そうすることで空腹感がやわらぐので、次に食べ過ぎてしまうことを防ぐ効果も期待できます。

 

久留米市のかかりつけ医|外科・消化器外科ひろつおなかクリニック

久留米市のかかりつけ医「ひろつおなかクリニック」は、風邪をはじめとした日常疾患から、生活習慣病の管理、けが・火傷まで、幅広く診察を行っています。
またそけいヘルニアや痔、下肢静脈瘤などの日帰り(短期入院手術)も可能。お仕事が忙しい方や手術をしたことを知られたくない人、入院治療が難しい方も、安心して治療できる環境を整えております。
病院を受診するかどうか迷うようなささいな症状や気になることがあったとき、気軽にクリニックへお越しいただければうれしいです。

■住所
〒830-0046 福岡県久留米市原古賀町27-1
■TEL
0942-39-2228
■アクセス
西鉄大牟田線「西鉄久留米駅」徒歩15分
西鉄大牟田線「花畑駅」徒歩7分
西鉄バス【50番】六反畑バス停下車目の前
■サイト
【オフィシャルサイト】
https://hirotsugeka.info/
【そけいヘルニア手術専門サイト】
https://www.hirotsu-hernia.jp/
【内視鏡専門サイト】
https://naishikyo.hirotsugeka.info/

前へ 一覧ページに戻る 次へ
お問い合わせ

0942392228

そけいヘルニア手術専門サイト 内視鏡専門サイト ひろつおなかクリニック YouTubeチャンネル
top
0942392228 お問い合わせ お問い合わせ

0942392228

WEB予約

お問い合わせフォーム