ご挨拶

院長 広津 順

久留米市原古賀町のクリニックとして私で三代目となり、地元、久留米の地での『かかりつけ医』として、風邪などの日常の病気から、慢性疾患、生活習慣病の管理、胃・大腸内視鏡検査(ポリープ切除)を含め、各種健康診断などを行っています。

また、そけいヘルニア(脱腸)や痔、下肢静脈瘤などの日帰り手術も積極的に行っております。

そけいヘルニアに関しては、最新のハイビジョンカメラを使った腹腔鏡手術も行っております。

御自身の身体のことや、御家族の健康について、各科目についても気軽に相談ができるようなクリニックで在りたいと思っています。

ひろつおなかクリニックの歴史

地域医療を通じては、常に各科専門医との繋がりを持った、必要とされる医療機関を目指しています。

最初に頭に浮かび相談される医師となれるよう、親近感のある信頼関係を築いて行くつもりです。
”心地よく” ”安心して”受診していただける、明るく、活力のあるクリニックを目指しています。

胃内視鏡に関しては特に苦痛の少ない経鼻内視鏡を導入しています。

また毎日、内視鏡や超音波の検査は行っておりますので、仕事の合間など体調等で気になる事がございましたら、是非、お気軽に御相談ください。

癌などの悪性疾患や、メタボリックシンドロームをはじめとする生活習慣病は、放っておくと命取りになる怖い病気です。それでいて、相当進行してからでないとなかなか症状が出ません。

手遅れにならないために、「日頃の健康に対する注意」と「健診」が大切です。
そして、少しでもおかしいと感じたら、早めに医療機関に相談し必要な検査を受けることが必要です。

早期発見があらゆる点で有利となり、生活習慣病も癌もそれほど恐れるものでもありません。
まずは何でもお気軽に、ご相談ください。

ひろつおなかクリニック外観

また、この度、平成26年4月に診療所名を「ひろつ おなかクリニック」へ変更しリニューアルしました。

これまで同様、そけいヘルニア(脱腸)治療はもちろん、おなかの病気(胃や大腸などの消化器疾患)を中心に地域密着のクリニックとして頑張って参りますのでよろしくお願いいたします。

院長 広津 順

お医者さんTVに掲載されました

院長経歴

平成15年 久留米大学医学部卒業
久留米大学外科学入局。久留米大学病院外科にて研修。
平成17年 聖マリア病院外科
平成18年 済生会八幡総合病院外科
平成19年 済生会大牟田病院外科
平成20年 大牟田市立病院外科
平成21年 広津外科・消化器外科医院
所属学会 日本外科学会 専門医
日本消化器外科学会
日本臨床外科学会
日本内視鏡外科学会
日本大腸肛門病学会
日本消化器内視鏡学会
日本ヘルニア学会
日本短期滞在外科手術研究会