そけいヘルニア

当院では、そけい(鼠径)ヘルニアを専門とする医師が治療を行っています。
ひとりの医師が、診療から手術、術後の経過までを担当するので、一貫した治療が可能。
入院・日帰り手術もできるので、仕事が多忙で休みが取れない方やご自宅でゆっくり療養したい方もお気軽にご相談ください。

そけい(鼠径)ヘルニアとは?

そけい(鼠径)ヘルニアとは?

そけいヘルニアとは、本来、おなかの中にあるはずの腹膜や腸の一部が、太腿や脚の付け根などそけい部の筋膜から皮膚の下に出てくる下腹部の病気です。
日本国内の年間患者数は、15万人ほど。
盲腸(虫垂胃炎)の患者がおよそ6万人なので、比べてみるとそけいヘルニアは、決して珍しくない病気なのです。

そけいヘルニアは、「脱腸」とも呼ばれ、立ち上がったときやおなかに力を入れたときに、そけい部が膨らんでくることに気付き、ときに痛みや違和感を伴います。
良性の病気ですが、腸が脱出したことが原因で、腸閉塞を起こすことがあるので注意が必要です。

足の付け根や股関節周辺ということもあり、気になっていても「恥ずかしい」と感じて、病院を受診できずにいる方もいらっしゃるようです。
とはいえ、ヘルニアは自然に治ることはありません。
でも、正しく治療することで確実に治る病気なので、気になる方は早めにご相談いただくことをおすすめします。

そけいヘルニアになりやすい人

  • 重いものを運ぶ機会が多い方
  • 立ち仕事に従事する方
  • 中高年齢層(特に40歳以上の男性)の方
  • そけいヘルニアにり患した身内がいる方
  • 便秘症、肥満気味、ぜんそくの方
  • 咳を多くする方
  • 激しい運動をする方
  • 喫煙習慣のある方

そけいヘルニア(脱腸)の種類

そけいヘルニア(脱腸)の種類

そけいヘルニア(脱腸)は、そけい部のどの部分にヘルニアが発生するかによって3つの種類に分かれます。

  1. 外そけいヘルニア
    そけい部である足の付け根の上部・外側から膨らみはじめるヘルニアです。
    そけいヘルニアの中でも、症状を訴える方の多くがこの外そけいヘルニアに当てはまります。
    中でも、解剖学的な理由から、男性に多く発生する病気です。
  2. 内そけいヘルニア
    そけい部である足の付け根の上・内側から膨らみ始めるヘルニアです。
    特に中高年男性が症状を訴えるケースが多い病気になります。
  3. 大腿ヘルニア
    そけいじん帯の下から出てくるヘルニアです。
    出産を経験した女性に多く見られます。

そけいヘルニアの症状

立ち上がったり、おなかに力を入れたりしたときに、そけい部にやわらかい腫れや膨らみが感じられるようになるのが初期症状です。
軽度の場合、指で上から抑えるとすぐに引っ込んでしまうため、受診は見送る人も多くいらっしゃいます。
しかし、症状が進んでくると股の付け根に痛みが生じたり、ツッパリや膨らみに違和感があったりするように。
さらに、手で腫れを押さえても戻らなくなります。

腫れが急に硬くなり、指で抑えても引っ込まなくなった状態を「嵌頓(かんとん)」といいます。
嵌頓の状態になると、腸が脱出口で締め付けられ、血流が途絶え、壊死を起こすことに。
激しい腹痛をはじめ吐き気・嘔吐といった症状を起こし、最悪の場合、命に危険を及ぼすことがあるため、緊急手術が必要となります。

そけいヘルニアの治療

そけいヘルニアは、自然治癒や薬での治療は期待できません。
軽度の場合や、違和感・不快感がなく生活に支障がない場合、患者さま自身が気にならない場合は、悪化させないように生活を改めながら、経過観察することもあります。
ただし、完治するには、手術が必要です。

当院では、メッシュプラグ法による日帰り手術が可能です

当院では、メッシュプラグ法による日帰り手術が可能です

当院では、メッシュプラグ法という、現在最も多く用いられている方法を中心に、患者さまに合わせた最適な方法で手術を行います。

メッシュプラグ法とは、出てきているヘルニアをお腹の中に戻し、ヘルニアの原因となっている弱くなっている部分を傘状のプラグ(栓)を用いて小腸が出てくる筋膜の弱い部分を補強し、ヘルニアの再発を防止する手術です。
現在、さまざまなメッシュの種類、方法が開発され、より安全で痛みが少ない手術が行えるようになりました。
また、確実な補強が可能となったため、再発率も以前に比べ格段に低くなっています。
手術時間が短く、術後のつっぱり感や痛みもほとんどありません。
早く日常生活に復帰できます。

また、腹腔鏡手術も行っており、これは5mmのカメラをへその部分から挿入しおなかの中を観察しながら手術を行います。
メリットとして、傷が小さい、両側のヘルニアでも同じ傷で治療ができる、再発例などの困難症例でも確実な治療が可能なことなのです。

また当院では、入院手術だけでなく日帰り手術もできるので、仕事でお休みが取りにくい方、ご自宅のほうが落ち着いて休むことができる方におすすめです。

日帰り手術の流れ

日帰り手術の流れ

手術時間は40分程度です。
全身麻酔(予測脳内薬剤濃度をコンピュータ制御するTCIシステムによる静脈麻酔)で眠っていただき、局所麻酔を追加して手術を行うため手術中の痛みはありません。
目が覚めたときには手術が終わっています。
手術室からご自身で歩いて病室まで戻れます。

この麻酔方法だと、麻酔の醒めが早いため、術後1~2時間で帰宅できます。
傷は糸で縫わずに皮膚用の接着剤で接着するため、翌日から入浴が可能で、付け替えも不要です。
術後、1週間後に診察に来ていただきます。

※御希望の方は入院治療も可能です。
※バイアスピリン、ワーファリン、プラビックスなど、血液をサラサラにする薬を内服中の方も基本的に中止せずに手術可能です。
※認知症などで入院が難しい方も日帰りで治療が可能です。

そけいヘルニア手術費用

そけいヘルニア手術費用は、健康保険3割負担の患者様で、日帰り手術の場合、約5万円(両側:約7万円)です。
腹腔鏡手術の場合は、高額医療制度の対象となります。
詳しくはお問い合わせください。

そけいヘルニア手術動画

ヘルニアとはどのような病気なのか?
どのように治療するのか?

など詳しい情報は「そけいヘルニア手術専門サイト」でご紹介しています。

そけいヘルニア手術専門サイト
お問い合わせ

0942392228

そけいヘルニア手術専門サイト 内視鏡専門サイト ひろつおなかクリニック YouTubeチャンネル
top
0942392228 お問い合わせ お問い合わせ

0942392228

WEB予約

お問い合わせフォーム