A.全くその逆です。日帰り手術だからこそ、専門性の高い技術と安全性が必要となります。

決して簡単な(手抜きの)手術をするのではなく、今まででは入院が必要であった手術を麻酔方法

や手術方法を工夫することによって日帰りが可能になっています。

院長は、学会等にも積極的に参加し、知識と技術の向上を図っています。